自分で簡単にできる|逆流性食道炎の対策法を徹底解説

病院のおもちゃと人形

逆流性食道炎の治療法

ウーマン

逆流性食道炎は、今や年齢を問わず罹患することのある疾患として知れ渡っており、日々の健康対策を立てるうえで、消化器科などの専門の医師に助言を受けることが有効です。また、症状の程度によっては、外科手術や薬物治療などを検討することも良いでしょう。

Read

気になる逆流性食道炎

家族

最近よく聞くようになった逆流性食道炎は意外に身近な病気です。横になると酸っぱい胃液が上がってくる、よく胸やけがする、食後に吐き気がするなどの症状がある方は要注意です。油物を控えたり、暴飲暴食をしない、枕を高くして横になるなど、自己流の対策もありますが、症状が続く場合には早めに受診しましょう。

Read

自分でできるセルフケア

男性

日常生活での心がけ

逆流性食道炎は胃の入り口の筋力が低下することなど、様々な要因がありますが自分でできる対策もたくさんあります。食事の後にすぐ横にならないなどの姿勢の工夫でも、胃液が遡らない工夫に繋がります。また、刺激物を食べることが多いと、胃酸の分泌が盛んになることから、香辛料の多いものや炭酸飲料を避けるのも、逆流性食道炎の予防対策に用いることができます。頻繁に刺激物を口にしている人は、摂取頻度を減らしたり一度に摂取する量を減らしたりすることでも対応できるでしょう。消化に時間のかかる油脂類も、胃酸分泌を促進するので、消化に良い食品を取り入れた食生活に変えるもの1つの方法です。さらに、ストレスによって胃酸の分泌を促進したり、胃の入り口の筋力低下を起こしたりする可能性も指摘されています。ストレスを受けない生活はできませんが、自分に相性の良い方法でストレスの発散を心がけましょう。喫煙や飲酒をストレス解消の手段に用いる人も多いですが、いずれも胃に対して過度な刺激を与えるので、できるだけ穂阿野ストレス発散方法を取り入れて、逆流性食道炎の対策にしてください。リラックスできる時間の確保が難しい方も多いですが、その場合は1日5分程度でできる方法があります。短時間でも腹式呼吸で深呼吸ができれば、副交感神経を活発にして心を休めることに繋がります。以上のような工夫を取り入れながら、自分自身で逆流性食道炎の対策に挑戦してみましょう。

検査をしてきちんと治そう

女医と看護師

逆流性食道炎の検査は通常最初に内視鏡によって粘膜を直接観察します。これでも分からないときはPHモニタリングを行って原因をさらに追究します。これらの検査は病院やクリニックで行い、薬による治療など適切な対策をとってもらうことができます。

Read